The Japanese Society for the Study on Teacher Education

世界教育学会東京大会ミニシンポ 

国際研究交流部では、UNESCOから2015年に出された『Rethinking Education: 
Toward Global Common Good?』 を翻訳し,教員養成・教師教育の諸課題を検討
する上でのリファレンスとなる書籍を刊行するプロジェクトを2019年1月に活動
を開始し、全国から30名強のプロジェクト参加者を交えて、これまで5回の全体
研究会を重ねてきました。“well-being”を基本軸に議論の枠組みを確認し、“
Inclusiveness”“Diversity”を手掛かりにして、その理念の理解と深化、共有、
ならびに、日本の教育における現状とその課題を議論してきました。
 これまでの議論の通過点として、8月5日から東京で開催されるWERA(世界教育
学会)でミニ・シンポジウムを開催いたします。社会正義,公正,人権と個人の
尊厳を重視する社会を具体化するための教育のあり方とはどのようなものか、グ
ローバルに変化する世界で広がる不寛容や格差の拡大に応答する教育のあり方と
はどのようなものか。日本の教師教育シーンへの導入と展開を見据え、国内外か
らの参会者を交えた議論が期待されます。
本学会会員の皆様のご参会を歓迎いたします。

(*WERAへの参加: https://wera-tokyo.com/

■ミニ・シンポジウムの概要■

日本教師教育学会・国際研究交流部企画
<ミニ・シンポジウム @ World Education Research Association 2019:Focal 
Meeting in Tokyo,2019/8/5~8/8>

【日時】 

8月7日(水) 9:00~10:30(90min.) 
*8月6日から8日のうちの中日、7日午前が本シンポの開催日時です
【会場】 学習院大学 Central Building 404

 

【タイトル】

【SY14】 Missing Rhetoric of Education in Japan: Dialogue on 
Rethinking Education and Teacher Education of Japan

【進行(Chairs)】 

矢野博之(国際研究交流部担当理事/大妻女子大学),森 

久佳(大阪市立大学)

【指定等論者(Discussant)】

矢野博之(同上)

1)Persistence of Utilitarian Ideology in Japan: Call for a New 
Paradigm
 香川奈緒美(島根大学)

2)Rhetoric and Practice of Inclusiveness in Japan’s Teacher Education
 荒巻恵子(帝京大学教職大学院)

3)Reinstating the Diversity as a Medium for Rethinking Education and 
Teacher Education in Japan
 金井香里(武蔵大学)


会員情報管理システム

_r2_c2.jpg

↑ログインする場合は、
こちらをクリックして下さい。

ID・パスワードをお忘れの方

 

「会員情報管理システム」をご利用する事で、学会活動に必要な手続きや情報の確認ができます。

  • 会員情報の閲覧
  • 会員情報の確認、変更
  • 会費納入状況の確認
  • 学会ニュースの閲覧
  • 会員限定の研究会等

projectresearch2_banner.png
本学会の課題研究Ⅱが科研費を使用し幅広く活動しております。

_r2_c2.png


j-stage.jpg

J-Stageのトップ検索で、「日本教師教育学会年報」と入力すると、登載されたデジタルデータを見ることができます。

年報第29号は、2021年の10月に登載予定です。


年会費振込先

【郵便口座】
郵便口座加入者名:日本教師教育学会
記号番号:00140ー7ー557708

【ゆうちょ銀行口座】
機関コード9900 〇一九店(店番号019)
当座預金 口座番号 0557708


入会のご案内.jpg

pdf.png入会案内のチラシはこちら