日本教師教育学会

The Japanese Society for the Study on Teacher Education

お知らせ

お知らせ一覧

             

 

27logo.jpg 日本教師教育学会 公開研究会のお知らせ NEW!

27logo.jpg  日本教師教育学会 特別課題研究Ⅱ「大学教育と教職課程」

  

現在、わが国の教師教育は大きな改革が行われつつあります。本課題研究は、大学教育における教職課程の問題について学問的な見地から検討を深めるために設置されました。これまで、教職課程の再課程認定についての教師教育学会会員アンケートを行うとともに、その成果をふまえたシンポジウム「今、再課程認定を再考する」を実施しました。

本年度も、「教職課程を担当する組織や教員の多様化」および「教科のコアカリキュラムと教職課程の質保証」を取り上げ、下記の2回にわたり公開研究会を開催します。

どちらか1回の参加でも差し支えありませんので、多くの皆様の参加をお待ちいたします。

 

1. 開催日時・テーマ

(1)2019年12月7日(土)14:00〜16:00

   報告者:浦野東洋一 氏(帝京大学客員教授・東京大学名誉教授)

   演題:「教育学部教員の多様化がもたらす波紋について考えてみる

~主としていわゆる実務家教員と研究者教員の並存に関して~」

 

(2)2020年2月11日(火・祝)14:00〜16:00

   報告者:三石初雄 氏(東京学芸大学名誉教授)

   演題:「教科関連科目のコアカリキュラムと教師の専門職力量の向上」

 

2.  会  場(2回とも)

東京大学教育学部109教室 http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cg

 

3. 参加費・申し込み

参加費無料。

当日参加も受け付けますが、資料準備の都合上下記宛に事前にご連絡いただけると幸いです。

 

4. 申し込み・問い合わせ先

  世話人 樋口直宏(筑波大学) nhiguchi@human.tsukuba.ac.jp

 


 

27logo.jpg 日本教師教育学会 第28回定期総会について

 

第28回定期総会で、日本教師教育学会研究倫理規程が決まりました。https://jsste.jp/aboutus/rules/rinri/

 

 

27logo.jpg「教育学分野の参照基準」(第二次案)に関する意見募集

    (パブリックコメント)について

  

日本学術会議心理学・教育学委員会 教育学分野の参照基準検討分科会から、「教育学分野の参照基準(第二次案)」についての意見募集の案内が下記の通りありました。会員のみなさまの積極的なご検討と意見提出のためにご案内いたします。

第一次案からの変更点としては、特に「教育学分野に包括される諸学問領域」、「(教育学を学ぶすべての学生が身に付けることを目指すべき)基本的な能力」の部分にかなりの修正がなされ、「参考資料1:教員養成と教育学の相互関係性―教職課程コアカリキュラムの導入と関わって―」、「参考資料2:英国の学問分野別参照基準の教育課程編成への活用と日本への示唆」が加えられました。

今後、パブリックコメントにもとづいて最終案が作成され、2020年1月末までには最終案を日本学術会議に提出する予定とのことです。 

 

 

 

1 「教育学分野の参照基準」(案)の公表

 教育関連学会連絡協議会のウェブサイト(http://ed-asso.jp/)をご覧ください。

 *パブリックコメントを募集しているのは、2019年9月20日公表の第二次案についてです。2019年3月16日公表の第一次案ではありませんので、ご注意ください。

 

ダウンロードはこちら

      ↓

教育学分野の参照基準(第二次案)【パブリックコメント用】

 

2 意見募集期間

2019年9月 20日(金)から2019年11月30日(土)まで(必着)

 

3 意見の提出方法

ed.sansyokijun@gmail.comあてお送りください。

 *件名:「教育学分野の参照基準について」としてください。

 *送信者名:個人の場合は住所・氏名を、法人の場合は法人名・法人の所在地をメール本文に記載してください。いただいたご意見については、氏名および住所その他の連絡先を除き、公表させていただくことがあります。

 *なお、いただいたご意見に対する個別の回答はいたしかねますので、ご了承ください。

 

以上

 

 

 

27logo.jpg 「教育学分野の参照基準」(第一次案)」について 

 


 

 

 

 


会員情報管理システム

_r2_c2.jpg

↑ログインする場合は、こちらをクリックして下さい。

「会員情報管理システム」をご利用する事で、学会活動に必要な手続きや情報の確認ができます。

  • 会員情報の閲覧
  • 会員情報の確認、変更
  • 会費納入状況の確認
  • 学会ニュースの閲覧
  • 会員限定の研究会等