The Japanese Society for the Study on Teacher Education

公開研究会

過去の公開研究会はこちら

課題研究Ⅱ公開シンポジウム←NEW!!

大学における教員養成の未来 ー「グランドデザイン」の提案ーのお知らせ

【日 時】2023年1月8日(日) 13:00~16:00(オンライン開催)

【参加方法】
会員情報管理システムにZoom情報を年内に公開します。

【趣 旨】
日本教師教育学会課題研究2では、大学における教員養成のあり方について学際的・総合的な検討を行い、
学術的基盤に基づいて教員養成の将来像を「グランドデザイン」として描くことを目指しています。

本公開シンポジウムでは、「グランドデザイン(案)」の提案(話題提供)に対する
有識者からのコメント(指定討論)を踏まえて参加者と協議を行い、
大学における教員養成の未来像についてともに検討を深めていきたいと思います。

 

◯司会
 鹿毛雅治(慶應義塾大学)

 

◯話題提供
 牛渡淳(仙台白百合女子大学)
 岩田康之(東京学芸大学)
 勝野正章(東京大学)

 

◯指定討論
 秋田喜代美(学習院大学/文部科学省中央教育審議会教員養成部会委員)
 松田悠介(Crimson Global Academy/文部科学省中央教育審議会教員養成部会委員)

 

課題研究2公開シンポジウム_20230108.png

 

 

 

課題研究部会Ⅰ 拡大学習会←NEW!!

「『崩壊するアメリカの公教育:日本への警告』から6年」


【日 程】
12月4日(日曜日)14:30開始
 ・90分の講演の後60分の意見交換を予定している。
 ・終了予定 17:00

【講 師】鈴木大裕氏 (教育研究者・土佐町議員)

【趣 旨】
「個別最適化された学び」の議論の中では、どこかで「自立化した個人」が理想像として想定されているところがある。
そのこと自体は丸ごと否定されるようなものではないが、一方で、そうした議論においては、
他者や<公>が看過されていることの問題があり、この点について考察を深める必要がある。

鈴木氏は、『崩壊するアメリカの公教育』を執筆し、日本の公教育の状況にも鋭い警鐘を鳴らしてきた。
アメリカ公教育の状況から、日本の公教育の現状と行方を検討する。

【参加方法】会員の方は、会員情報管理システムからZOOMのURLを取得してください。

 部会長 油布佐和子(早稲田大学)


会員情報管理システム

_r2_c2.jpg

↑ログインする場合は、
こちらをクリックして下さい。

ID・パスワードをお忘れの方  


 
projectresearch2_banner.png
 本学会の課題研究Ⅱが科研費を使用し幅広く活動しております。
 
日本教師教育学会課題研究Ⅲ部国際比較交流のバナー画像

課題研究ⅢのWebサイトです。

_r2_c2.png

j-stage.jpg

J-Stageのトップ検索で、「日本教師教育学会年報」と入力すると、登載されたデジタルデータを見ることができます。


年会費振込先

【郵便口座】
郵便口座加入者名:日本教師教育学会
記号番号:00140ー7ー557708

【ゆうちょ銀行口座】
機関コード9900 〇一九店(店番号019)
当座預金 口座番号 0557708


入会のご案内.jpg

pdf.png入会案内のチラシはこちら